2017年11月12日

今年も芋づるの塔が作られました。

かつてサツマイモの栽培が盛んだった頃、収穫後の芋づるを乾燥して保存して家畜のえさにするための塔が各地で作られていました。でも農作業用に牛を飼う家も無くなり芋づるの塔も最近は作られなくなりました。
しかし伝統を伝えるために四海地区の人たちが子供たちとともに県道横に毎年作っています。
今年も11月10日に作ったという報道を見て行ってきました。


171112-08.jpg

171112-09.jpg
太陽電池で充電発光するようになっていたので夕暮れにもう一度訪れました。

171112-10.jpg

171112-11.jpg
花の色も複数ありきれいでした。

171112-12.jpg
クリスマス用の飾りも


短時間ですが動画です。

171112-13.jpg
収穫した芋は砂地に穴を掘って「つぼいけ」という方法で保存されていましたが、最近は他のやりかたで保存する農家が増え、今年は5個だけのようです。







にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 小豆島町・土庄町情報へ
にほんブログ村
タグ: 四海 伊喜末
posted by サニー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック