2017年05月04日

今年も肥土山地区農村歌舞伎が上演されました。

5月3日、恒例の肥土山離宮八幡神社・春季例大祭奉納歌舞伎が地元の人たちによって上演されました。

170503-01.jpg
この2年ほどは荒天の中での上演でしたが今年は晴天のなかでおこなわれました。

170503-02.jpg
歌舞伎は第一幕「三番叟」の二人の息の合った踊りで始まりました。
そのようすは下の動画で見てください。


170503-03.jpg
第2幕の最後ではセリを使った芝居も見られました。

170503-04.jpg
各幕の終わりには出演者の紹介とコメントがありました。写真は第2幕に出演した子供たちです。

170503-05.jpg
第3幕では日本駄衞門を演じた多聞寺住職に声援が上がっていました。


170503-06.jpg
幕間が30分以上有りますので、観に来た人は「割りご弁当」を食べて飲み交わしながら次の幕を待っていました。

170503-07.jpg
第4幕が始まる頃には日も暮れて少し寒くなってきました。


170503-08.jpg
空には半月が浮かぶ中、歌舞伎はクライマックスを迎えました。


170503-09.jpg
最後に関係者がお礼の挨拶をして今年の歌舞伎も無事に終わりました。


第一幕 三番叟


第二幕 伽羅先代萩 政岡忠義の段


第二幕の最後のセリを使った演技です。


第三幕 青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃いの場


第四幕 御所桜堀川夜討 弁慶上使の段





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 小豆島町・土庄町情報へ
にほんブログ村
posted by サニー at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統行事
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック