2016年04月24日

肥土山農村歌舞伎、本番を前に通し稽古

毎年5月3日に土庄町肥土山地区では離宮八幡宮に歌舞伎を江戸時代から奉納しています。
役者や裏方は地元の人が各地区の持ち回りで担当して数ヶ月前から練習を積み重ねています。
その仕上げとなる通し稽古が4月24日におこなわれました。
私が訪れたときは第四幕「ひらかな盛衰記 源太勘當」をしていました。


160423-19.jpg

160423-20.jpg


見ていると5月3日午後3時よりの本番が楽しみになりました。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 小豆島町・土庄町情報へ
にほんブログ村
posted by サニー at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統行事
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック