2015年11月15日

小豆島の絵図2点が県有形文化財指定

土庄町の大庄屋だった笠井家に伝わる慶長小豆島絵図と正保小豆島絵図が香川県の有形文化財に先月指定された記念に土庄町総合会館で公開説明会が11月15日に開催されました。

151115-01.jpg
私が会場に着いたときにはすでに多くの人が来ていました。

151115-02.jpg
調査にあたった大学の先生から笠井家文書と絵図の貴重性の説明がありました。
写真は慶長絵図に残る目当て記号などの説明をしているところです。
当時の測量方法や地図作成法などがこれによって推定できるそうです。
なおどちらの絵図も幕府に提出する絵図の下図段階のものだそうです。


151115-03.jpg
その後、笠井家に残る代表的な文書と絵図が公開され詳しい説明も聞くことができました。
なお会場内は撮影禁止ですが係員にお願いして上から撮らせていただきました。
地図の大きさがよくわかると思います。なお左端は役場に伝わる江戸後期の写しです。
参考までに配布資料のコピーを載せます。


151115-04.jpg
慶長10年(1605年)10月15日の日付入り

151115-05.jpg
正保元年(1644年)作成、このときは全国統一の縮尺(21600分の1)で作成されています。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 小豆島町・土庄町情報へ
にほんブログ村
posted by サニー at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック